人気ブログランキング |
ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

はるまきちまきLIVEと「ほしのしずく」

b0181015_2257370.jpg


はるまきちまきさん・ライブの後ろを、
タムタムはりえ絵本「ほしのしずく」原画15点で
飾らせて頂きます!!

うたうたい・おーまきちまきさんと、
ピアニスト・HALMA GENさん結成の、はるまきちまき。
やさしい歌やピアノやアコーディオン…楽しみです!!

秋の日曜、昼下がり、
のんびり、ゆったり、ほかほかと…
みんなで、ご一緒に過ごしませんか?

☆10月26日(日)13:30〜15:30
CAFEトレピエ 横ギャラリーにて
 予約1500円 当日1800円(ワンドリンク付き)
 予約・お問い合わせ CAFEトレピエ TEL 06-6431-2477
尼崎市南武庫之荘3-36-1 尼崎市女性センター1F
 阪急神戸線「武庫之荘駅」南出口より南へ200m
 駐車場なし。周辺コインパーキングあります。
 
b0181015_235111.jpg

☆TAMATM・Twitterはじめました、フォローして下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-29 00:15 | 日々 | Comments(0)

黄檗宗の仏像

b0181015_1331525.jpg

タムタム貼り絵展「虹のわ」。
開催中の京都府宇治市黄檗・らくかふぇさんのすぐ近くに、
有名な黄檗山萬福寺があります。
江戸時代、中国福建省から来られた隠元禅師がつくられた、
中国様式のお寺です。

b0181015_115208.jpg
いきなり、布袋さんいたはります。
布袋和尚は、弥勒菩薩の化身。
釈迦入滅後、56億70万年の後この世に現れ、
釈迦の救済にもれた一切衆生を救うという使命をおびて、
待機している菩薩だそうです。

b0181015_1414710.jpg
大雄宝殿、美しいです。
キリスト教の祭壇にも似ています。

b0181015_1353884.jpg
中国の羅漢さんもいっぱい。こんにちはー。

b0181015_1164857.jpg
ああ、中華だなあ…。

b0181015_1345164.jpg
木魚の原型の開版(魚柝)。
時を報ずるものとして今も使われています。

b0181015_118267.jpg
中国からインゲン豆を持って来て下さった隠元禅師。
そればかりでなく、木魚も、煎茶道も伝えられたそうです。
隠元さん、どうもありがとうございます。

b0181015_1181216.jpg
ちゃっかり、普茶料理も頂きました。
隠元さんが伝えられた中国風精進料理です。
もちろん、インゲン豆も入ってました。
茶だんご、美味しい。

b0181015_1441642.jpg
タムタム貼り絵展「虹のわ」。
京都府宇治市黄檗・らくかふぇさんにて、
9月30日まで開催中です。

b0181015_1375923.jpg
壁を両面使わせて頂いたの初めてです。
タムタムルームみたいになりました(笑)
色々経験しながら、又進むのです。

☆TAMTAM・Twitterはじめました、フォローして下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-27 23:21 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)

宇治橋をつくったお坊さん

b0181015_17511428.jpg

瀬田の唐橋、山崎橋と並び、
日本三古橋の一つ、京都宇治橋。
この橋を最初にかけたのは、お坊さんでした。


「暮らしを守り、工事を行ったお坊さんたち」
かこさとしさん作の、タムタムが大好きな絵本。

奈良時代、都の寺でお経をよみ、祈るお坊さんには、
特別な手当が与えられていました。
けれど、寺にこもっているだけではなく、
外に出て、
貧乏や病気で困っている人を助けようと考える僧が現れました。

当時、奈良から日本海の方へ行くには、
宇治川の急流を渡らなければなりませんでした。
そこには、小さな仮の橋しかなかったので、
流れが激しい時は橋が使えず、
人や馬が流され、
みんなはとても困っていたのです。

そこで大化2年(646年)奈良元興寺の僧・道登は、
人々に仏の道を説き、木材を買い求め、
力を集めて、宇治川に初めてしっかりした橋をかけました。

道登のあと、同じ元興寺の道昭が、
唐で学んだ新しい知識をもとに、
679年頃、宇治橋をもっと大きく頑丈なものに
かけかえました。
b0181015_17575581.jpg

道昭は、あちこちに井戸を掘ったり、船着き場をつくったりして、
諸国をまわり、人々を助けました。
こういう道昭のやり方は、
一緒に諸国をまわっていた弟子の行基の心に深く刻み込まれ、
受け継がれてゆきました。

b0181015_17581524.jpg

ここで行基さんが出てきます…!
立って指揮する道昭さんの左横に、
弟子の行基さんが座っています。

そうか…
宇治橋は、行基さんの師匠がかけたのか。
…とすると、
行基さん、宇治あたりは、かなり歩いたはるはずです。
らくかふぇさんの横の旧奈良街道も歩いてたと思う…
というか、あれは行基さんたちが作った道なんじゃないのかな…。


さっき気づきましたが、
宇治黄檗の許波多神社は創建645年。
最初に道登さんが宇治橋をかけたのは646年…。

もしかして、橋をかけて周辺を整備した時に、
道登さんが、あの神社もつくったんじゃないのかな…。

…きっとそうだと思う。

それが、戦前、陸軍の火薬製造所にすり替えられ、
神社は遠くへ追いやられてしまったのか…。

…うーん…むむむむむ……


かこさとしさんの絵本は、こう締めくくっています。

 お坊さんたちが、土木や建設の工事を行ったのは、
 お金や名声や地位を手にするためではありませんでした。
 農民や位の低い人々の苦しみを減らしたい、
 暮らしを守ってあげたいと願い、人々の立場になって考え、
 計画をたてていったのです。
 そして、人々と苦楽を共にしながら、
 役に立つ土木の仕事を進めていきました。
 
 このお坊さんたちは、
 工事の技術や知恵を編み出しただけでなく、
 土木や建設に携わる者は、
 誠実な考えや思いやりを失ってはならないという事を、
 後の世の人に身を持って教えてくれたのです。

b0181015_18405225.jpg
京都宇治黄檗・らくかふぇさんでの虹のわ展。
期間中は、
いつも夕暮れの宇治橋を渡り、
宇治川の土手を通って大阪へ帰ります。
信号待ちの車の中からパチリ。

山と川と橋が夕焼けに映えて、とても美しいです。


「暮らしをまもり工事を行ったお坊さんたち」より
土木の歴史絵本第1巻(瑞雲社)
さく・かこさとし

☆TAMTAM・Twitterも見て下さい、フォローして下さい☆














by tamtamsun | 2014-09-25 19:27 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)

Cross Roadにて

b0181015_17544529.jpg

出かけたついでに足をのばして、
兵庫県伊丹のクロスロードカフェさんに行って来ました。
店に入るなり…おお、すごい…

今日のギャラリースペースは、
マスターさん収蔵のLPジャケットがずらり…。

しぶい…。
そう、ここのBGMは、いつもこんな感じなのだ。

ボブ・ディラン、キャロル・キング、ジャニス・イアン、
ニール・ヤング、T.REX…
私が知らないのもいっぱいあった。

懐かしいなあ…LP。
…みんな、LP盤なんて知らないでしょ(笑)
LPはアートなのです。
裏ジャケもすごかったし、
中に、歌手の等身大ポスターが入ってたりもする(笑)
CDでは、こうはいかないなあ。

ゆるやかな店内で、
私はLPを知ってる世代で良かったなあ…
などと、しみじみ思う。

そういえば、ここで「虹のわ展」の展示をさせてもらったのは、
ちょうど一年前だったなあ…。

b0181015_17545464.jpg

南北と東西の道と道が交差するお店で、
やっぱり、また、偶然の不思議なご縁があった。

最近、動けば、どんどん繋がる…。
…できるだけ動こう。

シェフ・アラジさんのお昼ご飯を頂いてると、
マスターとお客さんの会話が耳に入ってきた…

「…やっぱり、いのちを感じなあかんと思うから…」

いのち…またこの言葉。

☆TAMTAM・Twitter始めました、見て下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-24 19:05 | 日々 | Comments(0)

宇治・萬福寺で座禅体験

b0181015_21474355.jpg

今日はいいお天気でした。
宇治でこんなに晴れたのは始めてです。

b0181015_2148455.jpg

宇治黄檗「虹のわ展」らくかふぇさんの、
すぐ近く、萬福寺。
ここは、黄檗宗・禅の専門道場です。

b0181015_21491291.jpg

今日は、座禅体験を申し込みました。

b0181015_21493043.jpg

座禅、初めてです、どきどき。

b0181015_21514061.jpg

b0181015_22473750.jpg

お坊さんの後に着いて、回廊を歩く。

b0181015_2263739.jpg

重々しく法堂の扉が開けられ、
ここで座禅体験させて頂きました。

身体、呼吸、心の調和法を教えて頂いた後、
30分ほど座禅の時間。

欲や雑念が入り乱れる私は、
さっそくお坊さんの警策でパシパシパシ。

思ったより、痛い…
でも、心地良かったりもする。

あっという間の一時間。
静かな、とてもいい経験をさせて頂きました。

お堂を出ると、一緒に座禅した方が、
「何か涙出てきてね…。
 私、すぐ近くの病院に入院したの。」とおっしゃいました。

あ、私がチラシ配りに行った、あの病院だ…。

とっさに、
持っていた「虹のわ展」のチラシをお渡ししました。
見に来て下さるかどうかは、わからないけれど…。


b0181015_22322214.jpg

らくかふぇさんで、お茶タイム(笑)

搬入の時に天使の話をした近所のお客さん。
また、偶然お会いしました。
「毎日来られるんですか?」と聞くと、
「あんた、そんなお金あるかいな」と笑っておられました(笑)

b0181015_2242441.jpg

今回は、らくかふぇの皆さまに、
「虹のわ展」のチラシを配って頂きました。
みなさま、暑い中、本当にありがとうございましたー!!


☆タムタム貼り絵展「虹のわ」〜笑顔がどんどんふえますように〜
 「大いなるものをとりまく地球上の光景と地球の仲間たち」
 9月30日まで 喫茶らくかふぇにて
 京都府宇治市五ヶ庄平野45-1(ローソン前)
 11:30〜17:00(最終日16:00)TEL0774-32-0440
 ☆土日祝は休み☆JR・京阪「黄檗(おうばく)」駅徒歩5分
 ☆ワンドリンクご注文下さい☆
☆らくかふぇさんHP☆
b0181015_236043.jpg

宇治橋たもとからの夕景。
今日は一日、青空。
羽のような雲ばかり舞っていました。

帰りに寄った許波多神社。
拝殿で手を合わせている時、
野良猫を見ていた宮司さんと近所の人の話声が耳に…。

「…いのちですね…。」
「…そうです、いのちです。」

☆TAMTAM・Twitterも見て下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-22 23:39 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)

宇治黄檗の許波多神社

京都府宇治市黄檗で開催中の
タムタム貼り絵展「虹のわ」。

最初下見に訪れた日、
ふと、赤いレンガの塔のようなものが目に入った。

  …あれは、なんだろう…

たぶん、また後でわかるだろうと思って、
そのままにしておいた。

今回の宇治黄檗…とても歴史が古そうなのに、
近辺に神社がない…。
搬入の日、雨の中チラシ配りをして、
地図で一番近い神社に行った。
展示場所のらくかふぇさんから1.5キロ位離れた場所だった。
b0181015_2229375.jpg

許波多神社、創建645年…すごい…古い。
アメノオシホミミという神様を祀ってある。
古事記や日本書紀によると、
「アマテラスとスサノオの誓約」の時、
アマテラスさんの勾玉から生まれた子供だそう…。


参拝したとたん、雨が止んだ…。

…偶然でも、何かうれしい。

b0181015_22444568.jpg

その後、何回か黄檗に行ってわかったこと。

 らくかふぇさんのすぐ側に旧奈良街道がある。
 そのすぐ横の陸上自衛隊宇治駐屯地、
 最初見た赤いレンガの塔は、その敷地内にあった。
 そこは、戦前、陸軍の火薬製造所だったらしい。
 赤レンガの塔は、現在望楼として使われているが、
 昔は火薬の化学反応を行なわせる反応塔だったようだ。

 らくかふぇさんの横に大きな黄檗公園がある。
 車で通りかかったら、看板があった。
 この公園あたりも、陸軍の火薬庫だったようだ。
 二度と戦争の過ちを繰り返さないようにと、
 火薬庫の遺構を残してあった。
 
 この周辺一帯、大きな火薬施設だったのか…。

 もう一つわかったこと。
 火薬製造所ができる前は、この辺り全部、
 許波多神社の敷地だったということ。
 神社の土地全体が、官有地として召し上げられ、
 神社は、遠くへ追いやられてしまったのだ…。

 あんなに古い神様を…
 何ていうことをするのだ…。

 そうか…すると、
 「虹のわ展」開催中のらくかふぇさんは、
 昔は神社の境内だったという事になる…。

 京から奈良への街道を歩く人々。
 大きな大きな鎮守の森。
 昔の古き良き光景を想像した。

 悲しいけれど、
 人間は勝手なことばかりしている。

b0181015_22445731.jpg
許波多神社の社務所です。
…わかりますか…??
…あの…ほら…窓のところ…

b0181015_2245678.jpg
うれしい!貼ってもらった〜!!

b0181015_22451629.jpg

タムタム「虹のわ展」、巡回10回目。
京都府宇治市らくかふぇさんにて、
9月30日まで、ゆるりと開催中ですよ。

☆TAMTAM・Twitter始めました、フォローして下さい☆








by tamtamsun | 2014-09-21 00:00 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)

タムタム・貼り絵ワークショップin 神戸

b0181015_22151482.jpg

神戸オレンジの会さんからご依頼を受け、
貼り絵ワークショップを開催させて頂きました。

うわあ、個性派揃い!
みんな、すごいなあ〜。

熱心に一生懸命、取り組んで頂いて、
とても嬉しい楽しいひとときでした。
みなさま、ありがとうございましたー。

貼り絵の作品、
いつも、みーんなちがうのが出来るんだなあ。
同じものが一つもない。
個性って、すごいなあ。
みんな光ってるなあ…

しみじみと感じた、ひとときでした。

b0181015_22152374.jpg

☆TAMTAM・Twitter始めました、フォローして下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-19 22:41 | 日々 | Comments(0)

宇治・平等院の雲中供養菩薩

タムタム「虹のわ展」、
現在、京都府宇治市黄檗「らくかふぇ」さんにて、
9月30日まで、ゆるりと開催中です。

巡回10回目は、宇宙を治める宇治で…

…あ、そういう意味じゃないんですか?
そうだと思ってたけどなあ(笑)


宇治と言えば、世界遺産になった平等院が有名です。
私は、昔から平等院の雲中供養菩薩が大好きなのです。

b0181015_18115926.jpg

わかりますか?
真ん中の阿弥陀さまの回りの、
白い壁におられる小さな菩薩さまたち…。
みんな雲に乗って、
楽器を演奏したり、踊ったり、
花を持ったり、祈ったりしておられます。

b0181015_1826381.jpg
踊りノリノリの方。

b0181015_18264719.jpg
いえい、太鼓の乱れ打ちだ〜。

b0181015_1826562.jpg
たなびく雲、鐘を叩いておられる方。
お坊さんの姿で祈っておられる方。

一人一人見ていると、本当におもしろいんです。


今回、宇治の展示場所を紹介して頂いた時、
私は、ひどく疲れてしまっていて、
宇治に巡回を続けるべきか…
すぐに、宇治へ下見に行くべきか…
次、どうしたらいいかわからなくなり、
途方に暮れていました。


その時、導いて頂いたのが、この方です。

b0181015_19123692.jpg

たまたま図書館で借りて置いてあった行基さんの本。
その裏表紙に、この雲中供養菩薩の写真が…。

なぜ、この写真が、
ここに載っているのか本を読んでもわからない。
行基さんが平等院と何か関係があるのか…?
調べても、全くわからない。

でも、この写真を見た時、
嬉しくて嬉しくて、涙が止まらなかった。

やっぱり、次は宇治だ…。


でも、
この方は手に何を持っておられるのだろう…。
とても気になった。
やっぱり調べてもわからない。

宇治下見の日、
まず平等院へ…。

館内に入った時、
ちょうどこの方の映像ナレーションが聞こえた。

「…持物は蓮の花。命を表しています…」


…そうか…命か…


…何だか私には、

小さな太鼓のようにも見えるのだ。

b0181015_18301075.jpg


☆TAMTAM・twitter 始めました、フォローして下さい☆
by tamtamsun | 2014-09-15 19:41 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)

Angel Number 33

晩ご飯を食べながら、
ふとテレビ画面下の時刻を見る…

20:33…

まただ…

ゾロ目は天使からのメッセージ。

ここのところ頻発している「33」

毎日毎日、あちこちで何回も見る。


「踏ん張れ」


その時、誰かが、私に言ったような気がした。

…そうだ、今、私は踏ん張り所なのだろう。

がんばれ。

ぶれないように。

重石になるんだ。

☆☆TAMTAM・Twitter始めました、フォローして下さい☆☆
by tamtamsun | 2014-09-14 00:36 | 日々 | Comments(0)

京都洛南タイムス、カラーで載りました

b0181015_1932018.jpg

虹のわ展開催中の宇治・らくかふぇさんに行って、
洛南タイムスの掲載誌を見せて頂きました。
カラーで載せてもらった、うれしい!!

「あるがままに心の世界表現」
…そうか、この記者さんの目には、こう写ったのか。
…何かうれしい!!

今日、お店の人に、
「大人が描いたとは思われへん」というお言葉を頂きました(笑)
ははは、うれしいな〜。

よく、「タムタム貼り絵教室の発表会ですか?」とか、
「タムタムグループがあるんですか?」とか訊かれますが、
いえいえ、みんな私が一人で作品作って、
一人で巡回しています(笑)


…宇治は深いです。

土地で見たもの、気になっていた事が、
やっぱり、どんどんつながってきました。

また、少しずつ書いていきます。

☆タムタム貼り絵展「虹のわ」
 らくかふぇ にて
 9月30日まで
 京都府宇治市五ヶ庄平野45-1(ローソン前)
 11:30〜17:00(最終日16:00まで)
 TEL 0774-32-0440
 ★土日祝は休み★
 JR・京阪「黄檗(おうばく)」駅徒歩5分
 ☆ワンドリンクご注文下さい☆
☆らくかふぇさんHP
by tamtamsun | 2014-09-11 19:43 | ☆虹のわ展・日々 | Comments(0)