人気ブログランキング |
ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こころの相談

震災にあわれた方々の
不安や悩みを受けとめる電話相談窓口が開設されました。

「避難所などでは口にできない、
 苦しい胸のうちを吐き出して下さい」と
利用を呼びかけておられます。

苦しそうな方や、心にキズを負った子供達がおられましたら、
こういう電話相談もあることを、
どうぞおしえてあげて下さい。

☆日本臨床心理士会
☆いのちの電話
☆チャイルドライン

   ☆☆被災者の方々以外の電話相談も、
         いつも受け付けておられます☆☆

b0181015_22511181.jpg

by tamtamsun | 2011-03-31 23:22 | 癒しの場所 | Comments(0)

とうとう麦が…

b0181015_15424882.jpg

朝、いつものように麦に水をやる。

はっ…!
こ、これは…。
茎のところから、何かバルタン星人のようなものが出てきている。
も、もしかして…麦の穂??
なぜかわからないけど、うろたえる私。

穂は茎の先から少しずつ伸びてくると思い込んでいたのだ。
そうか…、茎の中で育ってから出てくるのか…。
意表をつかれてしまった。

おそるおそる他の茎を見てみると、
みんな穂を育てているようで、ふんわり膨らんでいる。

そうかあー、穂は茎を割って出てくるのかあ。

自然の力はすごいなあ。
私は何もしていないのに。

あわてて陽が良くあたる場所に移動させたり、
茎が折れないように、少しでも根元に土を盛ってみたりする。

私は何もできないけれど、
やっぱりこれからも、
ここで好きなように育っていってね、と願う。

b0181015_17532321.jpg

夕方は太陽パワーをいただく。

自然の力はすごいなあ。
麦も太陽も地震も津波も、
みんな同じ自然の力なのか…。
by tamtamsun | 2011-03-29 18:29 | 植物たち | Comments(2)

過去からの警鐘

今から約1100年前、
西暦869年に
宮城県沖で大きな地震と津波が発生していたらしい。
マグニチュード8以上とみられる「貞観地震」。

どんな時代だろうと思って、
学生の時の褪せた歴史の本を開いてみる。

桓武天皇が京都に都を移し、平安京が始まったころ。
天竺人が漂着して、綿の種を伝えたころ。
空海が真言宗を伝えたころ。
政治が乱れ、強盗・殺人が多くなったころ…。


2年前、専門家が地震津波解析によって、
「貞観地震」再来の可能性を東京電力に指摘していたらしい。
東電は、それを軽くみて津波対策を怠った。

どうやら「想定外」ではなかったようだ。

私も毎日、原発で作った電気を使っている。
原発の反対運動をしたこともない。
東電ばかりを責められない。
でも、
過去からの警鐘は鳴っていたのに…。

カーンカーンカーン…

素朴だけれど、力強い音だったはず。

巨大な化学技術に浸ってしまうと、
簡素な鐘の音は聴こえなくなるのだろうか。
人間本来にそなわった、
「聞きとる力」もなくなってしまうのだろうか。


クラクラした頭で夜空を見上げると、
空はきれいに晴れて、
星がたくさん光っていた。

ああ、これは何億光年も彼方の光なんだなあ。

b0181015_18143741.jpg

by tamtamsun | 2011-03-28 18:41 | 日々 | Comments(0)

TAROの塔、放送再開

災害で休止していたNHKドラマ「TAROの塔」。
放送再開されるようです。

☆第三回「戦友」3月26日土曜夜10:20~11:14
 東北地方は3月30日水曜夜10:20~11:14
ドラマのストーリーも、
佳境に入ってゆくと思われます。

☆最終回「芸術は爆発だ」4月2日土曜夜10:05〜10:57

岡本太郎の「太陽の塔」制作秘話。

みなさん、見てください!!
by tamtamsun | 2011-03-25 23:15 | 日々 | Comments(2)

被災地を走る大阪市バス

大阪市の皆さん、
あの市バスが被災地で活動してる事を
ご存知でしょうか?

そうです。
いつも見る、あの緑の線模様の大阪市バスです。

災害が起きた翌日の朝、
救援物資を積んで仙台に出発したそうです。
バス2台に毛布1800枚と乾パン一万食分。

ええー?、あの市バスがなあ…(苦笑)
東名高速もぬけて、東北まで走って行ったなんて…。
それも、うちの近所の「守口車庫」のバスが出動したそうで、
ほんと嬉しく、応援したくなります。

瓦礫と雪の中、二台連なって走る大阪市バスはかっこいい。

そういえば、昨日の大阪ニュースで、
緊急消防援助隊が市バスから下りて来る様子が映っていました。
現在も援助隊の「足」として活躍しているようです。

何もできない私も一緒に参加したような気分になって、
ほっと救われたような思いになりました。

 ☆「大量の救援物資を載せて被災地を走る大阪市バス」♯jishin
http://www.gizmodo.jp/2011/03/post_8706.html


b0181015_18371273.jpg

by tamtamsun | 2011-03-25 22:39 | 日々 | Comments(0)

ボランティアのおじさん

救援物資を仕分けしているボランティアのおじさんが、
ニコニコしながら、
テレビカメラに向けて話しかけている。

「被災地のみなさん、
 がんばらなくていいですからね。
 がんばらなくていいから、
 私達に甘えて下さい。
 皆さんの元気になった顔を見るのが
 一番うれしいんです。」

あたたかくてじーんとした。

やさしい人だ…。

もしかすると、このおじさんは、
過去に自分でも辛い思いをしてこられたのかもしれない。

心も体もつぶれそうになった時は、
がんばれないのです。

ただ寄り添ってくれる事が、
一番うれしかったりするのです。

b0181015_165596.jpg

by tamtamsun | 2011-03-23 17:06 | 日々 | Comments(0)

麦は強い

b0181015_16575698.jpg

いつのまにか、麦が大きく成長している。

私は毎日事務的に水をやり、気がむいたら肥料をやるだけ。
少ししか土はないけれど、
ここでどうぞ好きなように成長して下さいねと、
放ったらかしにしている。

寒い冬も青々としていた。
今背丈は、鉢を入れずに60センチ。
葉っぱが揺れるとザワザワと音をたてる。

これからどうなるのだろう。

わからないけど、

麦は強い。


さっきのニュース会見で、
官房長官が原発保障について訊かれ、語っていた。
「まずはもちろん東京電力。それがだめなら政府。」
という意味合いの返答。

その言い方が何とも他人事で、上目線であった。
東電は民間企業に違いないが、
その責任は政府にもある。
そして、
原発を容認している日本国民一人一人にもあると思う。

原発から又白煙が出ているそうだ。
一刻も早く沈静化してくれますように。
by tamtamsun | 2011-03-21 22:16 | 植物たち | Comments(0)

アンパンマン

被災地の子供達を元気づけるためにと、
ラジオから「アンパンマン体操の歌」が流れていた。

私は被災もしていないし、子供でもないのに、
おもわず涙が出た。
アンパンマンは偉大なり。


 「アンパンマン体操のうた」 作詞・やなせたかし
 
  もし自信をなくして
  くじけそうになったら
  いいことだけ いいことだけ 思いだせ
  そうさ空と海を越えて 風のように走れ
  夢と愛をつれて 地球をひとっ飛び
 
  アンパンマンは君さ 元気をだして
  アンパンマンは君さ 力のかぎり
  ほらきらめくよ
  君はやさしいヒーローさ


そういえば、アンパンマンは最初は大人向けのマンガだった。
やなせたかしさん独特の白黒線画で、
奥深いストーリーであった。
アンパンマンも人間の大人くらいの背丈があった。

アンパンマン、
日本にいてくれてありがとう!
by tamtamsun | 2011-03-20 22:46 | 日々 | Comments(0)

ハイパーレスキュー隊

消防庁の放水活動で、原発も少し沈静化したようだ。
よかった…。

テレビの民放番組が、みんな通常に戻ったので、
夜はNHKのニュースを見ていた。

すると、
突如東京消防庁ハイパーレスキュー隊の生会見が始まった。

 がれきの中をどうやって
 800mのホースを海水に繋いだか。
 色々な計画を練ったが、
 隊員が交代で車外に出て、手作業でとりかかった。
 隊員の体を守るため、放射能を測定する車を出動させた。
 隊長の元、20人ずつの二班をつくって活動した。
 などなど…。
 
一生懸命さが、
こちらまでひしひしと伝わる非常に熱のある会見。
迅速さと対応の切れの良さに、
こちらも夢中になって、話に引き込まれる。

 地震が発生した11日は東京でも火災が多発したので、
 我々はそれに専念した。
 そして翌日の12日から原発冷却に向けて、
 隊長の元、多方面から作戦を練った。
 荒川で予行演習をした。

うん、うん、それで…!?
…と思ったところで、とたんに画面はスタジオに戻る。

なぜ!?

アナウンサーは二人ともバツの悪そうな顔に見えた。
そして、評論家の意見とやらが始まる…。

ありのままに堂々と語る、
現場の気持のいい強い会見、
国民としてはきちんと聴きたかった。


ハイパーレスキュー隊は阪神大震災を機に創設され、
NBC(核、生物、化学)テロ専門部隊もあるのだそう。
危機管理に長けている、こんな人達もいるのだと知った。
by tamtamsun | 2011-03-20 00:16 | 日々 | Comments(0)

水と人力

b0181015_2283711.jpg


原発の使用済み核燃料冷却のようす。

空では自衛隊のヘリコプターが、
大きなバケツに海の水を入れて、
命中しますようにと、下へ撒いている。

陸ではたくさんの消防車が、
ホースで海の水を汲んで、
みんなで一生懸命かけている。

人間がつくりだした核燃料。
ものすごい化学技術のはずなのに、
それを静める作業は、何という人力なのだろう。

あまりにもの手作業にあぜんとした。

勢いづいた恐ろしい力を鎮める時に、
結局頼らなければならなかったのは、
この惑星の恵みである水と、
人間一人一人の小さな小さな力たち。


作業をしている人達のためにも。
一刻も早く沈静化してくれますように。
by tamtamsun | 2011-03-18 22:32 | 日々 | Comments(0)