人気ブログランキング |
ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

行基さんの法要へ

先日の伊丹「虹のわ展」で、
奈良時代の高僧・行基という方を知った。
以来、庶民の味方・行基さんが大好きになり、
私、今完全にお慕いしております。

でも、伊丹の昆陽寺で行基さんとお会いしてから、
まだ三ヶ月しか経ってないのかあ…(驚)
何だか、深い親戚のような気さえする。

b0181015_1901566.jpg

行基さんのお墓がある奈良・生駒の竹林寺。
先日行った時に、
毎月2日に法要があると張り紙がありました。

〜竹林寺の和に入りませんか?〜

え、行基さんの和!?…入りたい!!と思って、
母を誘い、ひとっ走り行って来ました。
母は子供の頃、竹林寺にソロバンを習いに行っていたそうです。

竹林寺は母の実家、うちのお墓のすぐ近く。
車で…うーん、2分くらい(笑)
こんなに近いのに、
行基さんの事は、今まで二人とも、
全く知らなかったのです。

b0181015_193417.jpg

近所の人が20数人来ておられました。

お堂に入ると、奥に木造の行基像が…。
「ああ、行基さん、いてるなあ…」
そう思いながら座っていると、
何だか涙が、じわーっと…

嬉しいわけでも、悲しいわけでもないのだけれど、
わけもわからず、感慨深い…
ただ泣けてくる。

…何やら魂が反応してしまったのかもしれない。

私の魂は、頭を無視して、
いつも急に奥から泣き始める。

今日は、まわりに人がいるので我慢した。

母が近くに座っていた人に話しかけている。
何とその人は、
母の小学校の同級生だった…(驚)

高齢の二人が、
名前を呼び合い、手を取り合って喜んでいる。
子供の時以来らしい。

すごい…
仏縁だろうか。

b0181015_1905183.jpg

竹林寺は無人寺なので、
この日は、
唐招提寺の住職さんと若い僧侶が来ておられました。

読経が終わると、
みんなで境内の行基さんのお墓参りに。

行基好きにとっては、
なんて楽しい行事なのでしょう(笑)

ああ、紅葉がきれいだなあ。

b0181015_1911429.jpg

法要が終わると、
住職さんを囲んで茶話会がありました。

ふろふき大根をいただくと、
下からお皿の絵が出てきました。
小さなかわいい小坊主みたいな子供が、
一人で船を漕いでいる絵…。

まわりを見ると、
みんなは違う絵でした。

私だけ、この絵なのか…。
なんだかうれしい。

隣の女性が、
こんなに美味しい小豆グラッセを
苦手だとおっしゃるので、
私が食べて差し上げました。
ふふ、ラッキー。

b0181015_1912681.jpg

こんなお土産まで、いただいちゃった(笑)

行基さん、
またおいでって事ですかね?

行きます、行きますよ。

何度でも(笑)
by tamtamsun | 2013-12-08 00:32 | 日々 | Comments(0)
<< 「Made In Heaven」 タムタムのX'mas ... >>