人気ブログランキング |
ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

久高島より 「伊敷浜とニライカナイ」

b0181015_17494130.jpg

久高島の中でも、とても好きな場所の一つ。
島の東側にある伊敷浜、ここも重要な聖地です。

昔、この浜に流れ着いた黄金の壷の中に
麦・粟など七種の種が入っていたと伝えられる五穀発祥の地です。
9年前に訪れた時は、ちょうど祭事の後が残っていました。

b0181015_22212278.jpg

ここは晴れたら、本当にきれいなんだなあ。
すべてがピカピカと光って、何ともいえない清らかさ。

b0181015_22214985.jpg

はるか遠い東の海の彼方、
水平線の向こうにあるとされるニライカナイ。
朝日が昇るその場所は、
豊穣や生命の源、神々が住む異界があるという。

b0181015_1750297.jpg

ニライカナイを見つめて、
まっすぐに立つ石碑。

私もまっすぐに見つめて祈りました。

b0181015_22345451.jpg

ゴオーーー、
波音の間から聞こえるゴオーー。

力強い、響きわたる音。
白波の向こう、遠く彼方から聞こえるゴオーーー。

風と共に、波と共に、
遥か彼方、地平線の向こうから、
太陽が昇ってくる、キラキラしたところから、
こちらに向かってやって来るゴオーーー。

地球の音、太古の音、自然の音、
海の声、宇宙の声。

私は海へ、
そのゴオーーーとする所へ帰りたかったんだと思います。

b0181015_22445530.jpg

私の魂は、やはり「海へ帰りたがっていた」。

魂を無視して、
魂の声に耳を傾けずに、
ごめんなさい。


私、本当に海に帰りたかった。

帰って来てよかった。









by tamtamsun | 2012-05-09 18:08 | ☆☆沖縄久高島より | Comments(0)
<< 久高島より 「不動の太陽」 久高島より 「島の空気」 >>