ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

絵本「ふしぎなしょうたいじょう」 その9

[沖縄・斎場御嶽編1]

私が訪れた知念半島先端には、
琉球第一の霊地で世界遺産の
斎場御嶽(セーファウタキ)があります。
ここは、古くから神の島「久高島」を望み、
遠くから祈願できる遥拝所でもあったのです。

☆斎場御嶽については、こちらをご覧下さい。

うっそうとした樹々が茂る参道を歩いていくうちに、
南国の植物や大きな岩に囲まれます。
見上げると気持ちのいい陽の光が差し込み、
風が心地よく流れています。

立派な鳥居や拝殿や賽銭箱など、ここには何ひとつありません。
ただただ自然と対話するだけなのですが、
この空気はやはり聖地ならではのもの。

祈りの場には物質など必要ないのだと思いました。

b0181015_17444246.jpg

斎場御嶽の木々がこのシーンのモデルとなりました。

b0181015_1746348.jpg

木のでっぱりが眼のようで、
顔のある木に見えませんか?

b0181015_17474458.jpg
by tamtamsun | 2009-08-22 22:13 | 絵本・沖縄の太陽 | Comments(0)
<< 絵本「ふしぎなしょうたいじょう... 絵本「ふしぎなしょうたいじょう... >>