ブログトップ

タムタム草紙

tamtamsun.exblog.jp

カテゴリ:不思議( 4 )

あたらしい輝き

皆既月食が終わりました。
今、満月です!

大阪は雲一つなく、
ずっときれいに見る事ができました。

太陽、地球、月が重なって見せてくれた、天体ショー。
星のしくみって、こうなってるんですねえ。

野鳥観察用の双眼鏡で、じっくり。
本当に、月が赤くなった。


そして、赤暗い月が取り戻した輝きが、
とても美しかった!

陰極まって、陽生じる。

月の輝きの美しさを、あらためて知りました。

白と黒、陽と陰、光と影、表と裏、デコとボコ。

どちらかがあるからこそ、
もう一つの存在を知る。

どちらかが存在するからこそ、
もう一つが輝く。

そんなことを感じた皆既月食でした。

まん丸のお月さまが、いったんリセットされて、
また美しく輝きはじめました。

新しいスタートかもしれませんね。

なんか、楽しく、軽く、いい方へ変わりたいですよね!

b0181015_22395020.jpg

空を見上げると、
満月のまわりに、天使の羽のような美しい雲がたくさん!
あわてて写真撮ったんですが、
やっぱり写らなかったなあ。。。
この回りに、いっぱい羽があるんです(笑)

☆TAMTAM・Twitterも見て下さい☆
[PR]
by tamtamsun | 2014-10-08 22:52 | 不思議 | Comments(0)

太陽と金星と地球と私

6月6日は「金星の日面通過」の日。
金星が太陽の前を横切るというめずらしい現象である。

おひさま主催の天体ショー、
金環日食に続き、
こんどは、
私の大好きな金星とコラボして、
何か見せてもらえるらしい。


ああ、いいお天気だあー、
日食グラスで太陽を見上げる。

あ…
あるある…丸い、黒い、小さいの。

あれが金星か…

太陽もまん丸だけど、金星もまん丸だ…

金星、小ちゃいなあ…
でも…
小さいのに一生懸命太陽のまわりを回っている、という
いじらしい感じはないなあ。

金星は何だかきりっとして、
強い自分の意志を持って太陽のまわりを回っているようにみえた。


平面的な見方をやめて、宇宙空間として感じてみた。

大きな球体の太陽があって、宇宙空間があって、
小さな球体の金星がある。
そしてまた宇宙空間があって、地球がある。

地球は金星と同じくらいの大きさ。
地球も小さいなあ…

実は今日この現象を見て、
自分が一体何を感じるのか、全くわからなくて逆に興味があった。

「地球も小さいなあ…」と思い、
次に、自分のちっぽけさ、宇宙の偉大さに気づくのかな、と
冷静に自分を見つめていた。

でも、違った。

大きな太陽、小さな金星、小さな地球、そしてもっと小さな自分…

そこまで行き着いて、
自分がしっかりと地球に立っているということに気づいた。

ちっぽけなんかじゃなかった。

金星と同じように自分の意志を持ち、
しっかりと地球に立って、太陽を見上げていた。

太陽、金星、地球、私、、、繋がっていた。

私、地球、金星、太陽、、、繋がっていた。


宇宙は大きいけれど、地球は決して弱くはない。

意志を持って、太陽のまわりを回っている。

人間も決して、ちっぽけではない。

みんな一生懸命、地球の上に立っている。
[PR]
by tamtamsun | 2012-06-06 19:27 | 不思議 | Comments(0)

金の輪

今朝は金環日食。

窓を開けた時は晴れていたのに、
東の空はだんだんと雲に覆われていく…。

雲と雲の間から、時おり欠けた太陽が顔をのぞかせる。

祈るような気持で空を見つめる。

ああ、もうだめなのかなあ…。
厚い雲だけになってしまった。


でも、

それは突然姿を現した。

あ…

…金の輪だ…

……きれい……


輪の左はしが大きくピカッ!と光る。

ああ、ほんときれい……

金色だ……


昨日あわてて調達した日食グラスは必要なかった。

うっすらとかかった雲のおかげで、
はっきりと肉眼で見ることができた。

見慣れた風景の空に忽然と現れた金色の輪。

なんて不思議な光景なんだろう。


そして、
太陽と月が合体する時間が終わると、
金の輪はすぐに、
厚い雲へと消えていった。


…夢を見たのだろうか。


心の奥の方が、サワサワと静かな波をたて始める。なぜ??

最近気になって仕方がない…
「輪」って一体何なんだ…?

お昼頃までじっと考えた。

そうしたら、一つの言葉が浮かんできた。

「誓い」


…もしかして私は、昔…

金の輪に誓いをたてていたのか…?!

ずっとずっと昔、

今の私じゃない、ずっとずっと前。

大きな金の輪。

輝く金の輪。
[PR]
by tamtamsun | 2012-05-21 18:37 | 不思議 | Comments(0)

流星

b0181015_17174946.jpg

ずいぶん前の話。
ベランダで夜空を見上げながら、
一人ぼんやりと考えていた。

「UFOが流れ星に化けていることがあるって、
 どこかの本に書いてあったけど、
 …そうかもしれんなあ。」

するとその時、
ちょうど私が見ていたところに一筋の流星が!!

「そうだよ。僕たちUFOだよ!」と言っているかのように。

大阪市内で、この流星…。


私はUFOからの合図だと、今も固く信じているのです。
[PR]
by tamtamsun | 2010-06-13 17:36 | 不思議 | Comments(0)